非帰国子女の英語勉強法 スピーキング編


前回の記事では、非帰国子女の英語勉強法として基本的な部分をご紹介しました。今回は日本人にとっておそらく最大の関門となる、スピーキングの上達法に絞って紹介していきます。

間違いを気にしない

スピーキングに自信がない人がまず最初にクリアしなければならないステップは、間違いを気にしないことです。

これは前回も少しご紹介しましたが、日本の英語教育では、ひたすら文法の正誤を叩き込ませるため、いざ英語を喋ろうとすると間違いを恐れて何も喋れなくなってしまいます。

「これは文法的に間違っているんじゃないか」

「間違って笑われないだろうか」

という風に考えてしまっていませんか?

しかしここで何も喋らなければ、そのまま一生上達しません。なんでもいいからとにかく話してください。文法や単語、発音が間違っていても全然構いません。

はっきり言って、外国人は日本人の英語力なんて最初から期待していません。なのでゴチャゴチャ考えず、思いついた単語をそのまま喋れば良いのです。

伝えようとする姿勢を見せれば相手はかならず聞いてくれるはずですし、決してその努力を笑ったりはしません。

僕が初めてアメリカに行った時気付いたのは、日本人はあまり喋らなかったのに対して、他の国の人たちはメチャクチャでも、とにかく喋っていて、しかもそれで伝わっていたことでした。

実際知っている単語量や文法は日本人の方が多かったりするのに、圧倒的にスピーキングが弱いのはこの意識の差だけです。

ですので恐れずどんどん当たって砕けてください。砕ければ砕ける程上達できます。

僕も今でも「これ、どう言ったらいいかな?」と思う時がよくあるのですが、その時は間違っているのがわかっていても喋るようにしています。

英語は所詮コミュニケーションの手段でしかないので、極端に言ってしまえば、伝わればいいんです。

話す機会をつくる

さて、心構えができたところで英語を喋らなければスピーキングは伸びません。机に向かって勉強しているだけでは喋れるようにならないので、定期的に喋る環境を作りましょう。

英会話学校に通うのも良いですし、最近だとオンライン英会話もスピーキングのトレーニングに良さそうです。お金をかけたくなければ外国人の集まるバーに突撃するのも良いと思います。

僕は一ヶ月の語学留学を二回して、日本にいる間はずっと英会話学校に通っていました。

決まったフレーズを覚える

実際に話す機会が出てくると、簡単な言い回しが英語だとサッと出てこないことがよくあると思います。

「あれ、これってなんていうんだろう?」と思って主語、動詞、述語から考え始めたら遅すぎて会話にならないし、自然なコミュニケーションからは程遠くなってしまいます。

勉強して文法をいくら知っていても、簡単な言い回しというのはなかなか出てこないものです。

そんな時は決まったフレーズを沢山覚えておくことをオススメします。

僕は短期の語学留学をする前に、当時流行っていたスマステーションの本を2冊片っ端から覚えたら、非常に効果を実感できました。

古い本なので手に入れるのが難しいかもしれないですが、こういうフレーズ系の本は結構出版されているので、良さそうなものを是非探してみてください。

シャドーイング

シャドーイングとは、ネイティブの喋る音声を聞きながら、それに合わせて復唱する勉強法です。

これは音声とその内容のスクリプトさえあれば、どんなものでも勉強可能ですので自分の現在のレベルに合うものを選んで実践してみてください。

シャドーイングをしていると、大して難しいことを言っている訳ではないのに、音声で聞くと聞き取れないということが良く起こります。

ネイティブの話す英語というのは、一単語一単語しっかり発音されておらず、単語同士が繋がるように発音されているため、何を言っているのか分りにくいのです。

シャドーイングではその癖を掴み、自分で再現できるように訓練することが重要です。

ですので実はこの勉強法は、リスニングの向上にも大変効果があります。

自分でネイティブのスピーキングの癖をつかめれば、それを次回聞き取ることも可能になるということです。

僕はシャードイングに特化した教材を使ったことはありませんでしたが、こちらの本は初めての方に良さそうです。

TOEFLのスピーキング

TOEFLのスピーキングセクションの勉強は、僕が以前実践して一番成長を実感できた勉強法です。

これは難易度が高いので、ある程度スピーキングに自信ができてきたら是非試してみてください。

TOEFLは基本的に留学する人が対象の英語能力試験です。TOEICとは違い、前回の記事で説明した、スピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの4スキル全てをテストします。

現在スタンダードとなっているTOEFLのiBTは、受験者が各々パソコンの前に座り、ヘッドセットをつけて各々のタイミングで試験を開始し、スピーキングのセクションではパソコンに向かって実際に喋ります。

しかし会話をするのではなく、音声で聞き取った問題に対して英語で喋って答えるという方式です。

例えば、

「あなたに影響を与えた学校の先生は誰ですか?そしてその理由も説明しなさい。20秒で考えて、40秒以内で答えなさい」

といった本人に関連する問題が出たり、

英語の会話を聞いてその内容を先ほどのように制限時間付きで質問されたりします。

突然聞かれた質問を20秒以内に考えて、制限時間以内に答えなくてはいけないというプレッシャー、さらに独り言をブツブツ言わなきゃいけないという恥ずかしさに、最初は本当に戸惑いました。

しかし実際の会話は常にそういう環境にあると言っても過言ではありません。ですのでこれらの問題がスラスラできるようになると、スピーキングに相当の自信がつきます。

僕は確かこれの古いバージョンを使って勉強していました。

しかしこの本はスピーキングだけじゃなくて全てのセクションが含まれているので、このようにスピーキング特化の教材を使うのも良いでしょう。

僕はこのシリーズのリーディングを使って、リーディングを強化しました。

おまけ

日本にいる以上、英会話をする機会というのはなかなか限られていると思うので、暇な時に英語で独り言をベラベラ喋るというのも結構オススメです。自分でトピックを決めて、ひたすら自分の考えを英語で喋ってみてください。

 

日本人にとってスピーキングは本当に難関ですが、数をこなせば確実に上達します。

色々書きましたが、すぐに上達したい人は今すぐに英語圏の国に行きましょう。上達の速度は比べものになりません。

次回はスピーキング関連で、発音について書いてみたいと思います。

関連記事