Geekcamp SG 2014で話してきた


早いもので、先月末でSingaporeに移って半年が経ちました。

良い機会なのでSingaporeどうよ的なブログを書こうと思ってたのですが、ひとまず先日Geekcamp SG 2014というイベントで登壇してきたので、その件について書きますね。

Singaporeどうよエントリは後日まとめます。

Geekcamp SGとは、”by geeks. for geeks.”と書いてある通り、ギークによるギークのためのイベントです。

トークは事前に誰でも投稿でき、投票で数が多かった物が選ばれます。

僕のトークも事前に投票して、みなさんのご協力の元、票を勝ち取り採用されました!

イベントの規模は2〜300人位で、トークの内容はソフトウェアからハードウェアまで色々でした。

シンガポールの大臣もスピーカーとして参加していていました。大臣だけどハードウェアをいじくるギークだったようです。

控え室でお会いして、「君見た事ある顔だけど、会った事ある?」って聞かれましたが、多分勘違いだと思います。

「いや無いと思います」って即答したので、もし勘違いじゃなかったら大変失礼なことをしました。

 

ちなみに僕のトークは「ES6 – The future of JavaScript」ということで、最近いじってるES6について話してきました。

トークの模様はこんな感じでした。

 

英語でフルタイムトークするのは初めてでしたが、なんとか落ち着いてできました。まぁ途中途中でメチャクチャな事言ってたと思いますがw

あとやっぱり質問が辛いですね。前回英語でトークした時は質問コーナーがボロボロすぎて、もはやトラウマレベルの大失態をしたのですが、今回はまぁまぁでした。もっと良い返した出来たはずだったので、まだまだ改善が必要ですね。

 

ちなみに今回のトークの為にHTMLのプレゼンテーションフレームワークを一からES6で実装しました。

Harmonideと命名したフレームワークのソースはこちらで公開しております。

肝心のスライドはこちらで公開しております。下記にiframeで埋め込んでみました。矢印キーで先に進みます。