2017年を振り返って

前回の起業を報告するブログポストから一年以上が経ちました。

2017年は 本当に怒涛でブログを更新している余裕が全くありませんでしたので、ハイライトをまとめます。

2017年ハイライト

他にもアメリカのスタートアップとパートナーシップを組んでアメリカの大手企業に対しての導入を進めて行ったり、国内でもパートナー企業さんと共に大手IT企業などでの導入を進めています。

自ら起業し新しい事業を作り上げることがここまで大変なのかと実感した一年でしたが、志を共に進んでくれる仲間も増え、色々な成果も実り始め、ようやくtoB SaaSの翻訳の周辺領域でどうしたらビジネスになるのか理解できました。翻訳という領域で始めるにあたって、厳しい意見もたくさん頂きましたが、自分にしか見えない世界が今ようやく見えて来ました。

そしてこの一年で学んだことは、どんな領域でもエキュゼキューションが全てだということです。側から見たらビジネスとして成立しなさそうなのに、上手く行ってたりするケースは多くて、それは事業を引っ張っているその人にしか見えてない世界があるからだと思います。そういった世界が見えるまでどれだけその領域に深く入り込めるかが重要だと考えます。

僕は翻訳業界とソフトウェア業界を行き来して見えたさらに巨大なニーズを捉えて事業として加速させるため、2018年はアクセル全開で行きたいと思います。

ドキュメンテーションや、翻訳の領域で新しいことを仕掛けて行くべくエンジニア、セールス、マーケティングを募集していきますので、お気軽に@chikathreesixまでDMください。お茶しましょう。

今年のテーマは「迅速な行動」です。今まで面倒なことなど後回しにすることがありましたが、それらが頭のリソースを食い続けるので、さっさと片付けることで何事もスピード感を持って対応して行きます。

今、去年の今頃とは全く違った景色が見えていますが、来年の今頃はさらに違った景色が見えているように、2018年突き抜けて行く所存です。

それでは今年もよろしくお願いします!

サンフランシスコで起業しました

先日サンフランシスコのスタートアップRipple.coを退職し、サンフランシスコにてLocki, Inc.を立ち上げました。サンフランシスコで始めましたと言っても、ビザの問題があるのでひとまず日本に帰り、ビザを取得し来年戻って来る予定です。

どうしても全力投球したいアイディアが見つかり、さらにプライベートの変化なども重なり、今起業することが最良の選択肢だと確信したため始めることにしました。

続きを読む

日本は本当にイケてないのか

炎上中の記事を読んで色々思ったので、思ったことをまとめてみます。炎上記事にマジレスするのは気が引けますが、誤解して欲しくないので違う見方も伝えたいです。まだ海外在住歴は2年半弱ですが、シンガポールに2年、現在サンフランシスコに移ってきた視点から、海外から日本がどういう風に見られているのか、もっと事実をベースに語れると思います。

続きを読む

サンフランシスコに引っ越しました

前回のポストで、Vikiを退職しシンガポールを離れることについて書きましたがその後どうしたかというと、三月半ばにサンフランシスコに引っ越して来ました。

早いもので、もう2ヶ月半が経ちました。

続きを読む

非帰国子女の英語勉強法 英語学習に対する意識が変わったきっかけ

僕は日本にいた時、ずっと英会話学校に通っていたのですが、その時に教えてもらっていた先生がいました。スパルタで厳しい人だったのですが、教えるのがとても上手く丁寧で、この先生のお陰で自分の英語力は非常に伸びました。

今回は、その先生にある時言われてハッとして、英語学習の転機となったエピソードを紹介します。恐らく6、7年前の話ですが、これを期に自分の語学学習に対する考え方が大きく変わりました。

続きを読む

Viki Incを退職しました

2016年2月一杯で約2年間勤務したViki Incを退職しました。

2014年の1月にサンフランシスコに突撃して就活し、その結果Vikiに入社することになり、シンガポールにやってきました。入社までの流れに興味を持った方はこちらを読んでみてください。

初めて海外に移住して100%英語で仕事をする経験を通じて色々と感じたことをまとめます。

続きを読む

Adobe Flashはなぜ衰退していったのか

2015年12月1日にAdobeが、Adobe Flash Professional CCをAdobe Animate CCに名称変更するという発表があり、Flashが大きな転換期を迎えました。元々Flash Developerとしてエンジニアのキャリアをスタートした僕にとって、これに対して色々と思うところがありました。

そんな中QiitaでFlashの思い出というAdvent Calendarを見つけたので、Flashのこれまでについて振り返ってみたいと思います。

続きを読む